スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
COSMONAUT
BUMP OF CHICKEN
トイズファクトリー
(2010-12-15)

HAPPY / BUMP OF CHICKEN

健康な体があればいい 大人になって願う事
心は強くならないまま 耐えきれない夜が多くなった

少年はまだ生きていて 命の値段を測っている
色々どうにか受け止めて 落書きの様な夢を見る

優しい言葉の雨の下で 涙も混ぜて流せたらな
片付け中の頭の上に これほど容易く日は昇る

悲しみは消えるというなら 喜びだってそういうものだろう
誰に祈って救われる つぎはぎの自分を引き摺って

闘う相手さえ解らない だけど確かに痛みは増えていく
教わらなかった歩き方で 注意深く進む


膨大な知識があればいい 大人になって願う事
心は強くならないまま 守らなきゃいけないから

少女はまだ生きていて 本当の事だけ探している
笑う事よりも大切な 誰かの手を強く握って

優しい言葉の雨に濡れて 傷は洗ったって傷のまま
感じる事を諦めるのが これほど難しい事だとは

終わらせる勇気があるなら 続きを選ぶ恐怖にも勝てる
無くした後に残された 愛しい空っぽを抱きしめて

借り物の力で構わない そこに確かな鼓動があるなら
どうせいつか終わる旅を 僕と一緒に歌おう

Happy Birthday

優しい言葉の雨は乾く 他人事の様な虹が架かる
なんか食おうぜ そんで行こうぜ
これほど容易く日は昇る

悲しみは消えるというなら 喜びだってそういうものだろう
誰に祈って救われる それよりも大切な手をとって

勝ち負けの基準も解らない だけど確かに守るものがある
教わらなかった夢と共に 少年は大人になった

続きを進む恐怖の途中 続きがくれる勇気にも出会う
無くした後に残された 愛しい空っぽを抱きしめて

消えない悲しみがあるなら 生き続ける意味だってあるだろう
どうせいつか終わる旅を 僕と一緒に歌おう


* * *
最近ようやく、「COSMONAUT」を自分のなかでしっくり落とし込めるようになったと思うのです。「COSMONAUT」は2010年にリリースされたアルバム。すでにライブでも何回か聴いているのに、本当にいまさらなのですが。BUMPさんが曲を発信してくれるペースが早くなってきて、飲み込むのに時間がかかり始めた時期だったかもしれません。

大切な人を大切に思う気持ちや愛といったものが、時間をこえて(それは未来だったり。出会う前の時間にすらも及んで)、優しく包み込んでくれる。特に「R.I.P.」や「魔法の料理〜君から君へ〜」「66号線」「セントエルモの火」「宇宙飛行士への手紙」なんかが顕著だと思いますが、それ以外の曲も、懐かしい子ども時代の情景が歌われていたりして、それはまるで出会う前の過去を相手と見せあっているかのように感じます。

どんなに願ったところで、大切な人の痛みを自分が正しく理解することはできない。
どんなに願ったところで、君と出会う前のわたしは君のことを知らないまま生きている。
そんな切なくて愛しいアルバムだと思うようになりました。
このアルバムに限ったわたしの解釈ですが。

「HAPPY」も、発売当初はBUMPの新譜!ってことで喜んで聴いていたけれど、飲み込めてはいなかったのです。それが、最近この曲からそれはもう勇気をもらっていて、日に日に大好きな曲になっていて。「Happy Birthday」と歌ってくれているし、たまたま誕生日を迎えるこんな時期にこの思いを綴ってみたいと思って、書いてみました。
|  ├BUMP OF CHICKEN | comments(0) | trackbacks(0) |
WILLPOLIS 2014
iPhoneImage.png
WILLPOLIS 2014!!
大好きなBUMP OF CHICKENさんのライブに行ってきましたよ〜*
この写真は、ライブ終了後にBOC_ARから送られてきたものです。
名前入りだよ。

前回のWILLPOLIS 2013に行けずに寂しい思いをしていたので、今回のライブはいつも以上に楽しみにしていました。それに、3月にリリースされた「RAY」を引っさげてのライブなので。わたしのなかで「RAY」はひとつ大きな区切りのアルバムで、勝手にたくさんの思い入れをしているのです。

会場の入り口では、昨年8月のベストアルバム記念ライブ(@QVC)でも無料配布されたザイロバンドが配られました。やったぁ☆

iPhoneImage.png

iPhoneImage.png
ライブは、楽しかった。これに尽きます。
なんでしょう。BUMPのライブで、良かった、心に響いた、あったかい、うれしい、そういう気持ちにはなっても「楽しかった」っていう気持ちは新鮮で。

わたしが自分のお金でBUMPのライブに行けるようになったのは、「run rabbit run」ツアーからなんです。2006年かぁ。一緒に行った先輩にも語ってしまったのですが、その頃のBUMPさんて、歌って、演奏して、っていうごくごくシンプルなライブをしていた気がします。モニターの映像も敢えてのモノクロなイメージ。

でも、びっくりしたんです。最初は、QVCでのライブですね。
冒頭でもちょっと触れたザイロバンド。腕に装着するものなのですが、一括で操作されていて、決まったタイミングと色で光るんです。サイリウムが進化したものといえばいいのでしょうか。
これがね、会場のリスナー全員が装着して腕を振り上げているので、ものすごく綺麗なのですよ。いい感じに色もバラバラで。BUMPさんでこんなカラフルなライブ、今まであったかなって。
それに、ザイロバンドと同じ原理(?)光る風船が現れたり。QVCの場合は、最後にたくさんの花火が打ち上がったり……。
そう、ベストアルバム発売記念ライブ、わたし1人で行ってきました。閉鎖前に、そのこと書きたいのだけれど…もう随分時間が経ってしまったな。


今回もライブも、とっても色鮮やかで光がとても綺麗なライブでした。刺さるような、心臓が震えるような生歌・生演奏はそのまま。視覚でも魅せられて。たくさん笑いました。たくさん腕を振り上げました。たくさん飛び跳ねました。
しかも、なんでしょう。今までがそうじゃなかったなんてわたしが言えるわけもないのですが、最近、メンバーがものすごくその時間を楽しんでいるというのがあふれてきて。伝わってきて。と言ったら失礼ですよねきっと。わたしの語彙ではうまく伝えられませんが、いつも、ライブのたびにそれまでとは違った空気をそのたびに感じるのです。

好きなバンドのお兄さんたちが素敵な歳の取り方をしていて、年々心震えるものを発信してくれていて、わたしBUMPさんを好きでうれしいのですよ。良かったです。好きでいて良かった。だって、今でも光をみせてくれるもの。

そう心から思えるライブでした。



へへへ!このブログを始めたときにはすでにBUMPさん好きでしたので、いろいろと書いてきましたよね。最後まで、そしてこれからも好きでいられるというのは嬉しいものです。
以下、セットリストとその感想など。セットリストは、年々衰えていくわずかながらの自分の記憶と、他の方のブログやTwitterを参考にさせていただきました。前後間違っていたらごめんなさい。ネタバレ嫌いな方はお気をつけくださいな。

JUGEMテーマ:BUMP OF CHICKEN


続きを読む >>
|  ├BUMP OF CHICKEN | comments(0) | trackbacks(0) |
WILLPOLIS、行ってきます

LITTLE BRAVE。
BOC_AR見られました。最後、まできっちり。
感動だよ!すごいよ!AR自体はすでに多くの事業やメディアに取り入れられている技術だったから見たことあったし、ふーん…なんて思っていましたが、まさか物語が動き出すなんて。

そういえば「RAY」発売でうきうきとDVDを見ていたとき。ヒロさんに「ぼくもバンプ好きだし新しいアルバム嬉しいけど未来がバンプ好きすぎて引く……」と言われ「あ?(怒)」ってことがありました(笑)

それもきょうで一旦落ち着くかと思います。
なぜなら本日わたくし、ライブ参戦だからです!!

とはいえ、発売後に初音ミクコラボを発表したり、チャマさんが公式でTwitterを始めたり、なんだか動きは続きそうですね。嬉しいことですが。
藤くんが3月末に肺気胸で入院、手術していたらしく、ライブが延期になったりしていたので、無理はしないでほしいです。

きょうは嫌なことを忘れて楽しもうと思います(*´・ω・。)
幕張参戦される方は天候お気をつけて。
いってきまーす!
|  ├BUMP OF CHICKEN | comments(0) | trackbacks(0) |
RAY
BUMP OF CHICKEN 7th Album 「RAY」**

歌詞カードを開かないでひと通り聴いてみて、明るくて爽快な音の曲が多いな、という第一印象でした。ゼロでズシンときますが。
でも、改めて歌詞カードを見ながら聴いてみたら、そこには悲しみ、寂しさ、出会い、別れ、諦め、涙、そういうものがやっぱりちゃんと存在していて、そういうもののうえに生まれる光にまた心が震えそうです。


すでにこのアルバムはわたしのなかで勝手に
祈り 希望 未来 といったような そういうモノになっています。
Smileが入ったアルバムがこの時期に発売されたこと、
Secret Trackの開始時間、
さらに優しさを増した曲たち。
実際に3年前にSmileを聴いて生まれた想いが、「RAY」を聴いて改めて溢れました。
このアルバムから、光を感じた。


確かめる間も無い程 生きるのは最高だ
rayのMVでそう唄って腕を広げた藤くんを見て、鳥肌が立ったのでした。



制作スタッフさんの存在**

わたしがBUMPしか見えていなかったということもありますが。。
「RAY」は、今まではあまりわからなかった制作部の方の想いやその制作過程がかなり可視化されたアルバムでした。
Twitterってすごいなー!

『RAY』をCDで受けとめることの意味
http://togetter.com/li/639860

ダウンロードでは、スタッフさんの想いや音の良いところも一緒に圧縮されてしまうように感じられているようです。つまり、盤で聴いてほしいということを呟かれています。
エンジニアさんに感想を送りたかったけれど、今まで音にこだわって聴いてこなかったことが恥ずかしくて何も言えないでいます。(´`)


BUMP OF CHICKEN feat. HATSUNE MIKU「ray」**

こないだひさしぶりにBUMPが出演したラジオをリアルタイムで聴きました。
リスナーからの質問で、
「前回のツアータイトルが“WILLPOLIS”だったのに
 なぜ今回も“WILLPOLIS”なんですか??」
っていうものがあって。
「それはね、俺らバカだから!w
 “WILLPOLIS”って超カッコよくね!?
 って思って気に入ってるから今回も“WILLPOLIS”にしたのw」
みたいにね、チャマが答えて、藤くんもそれに追随して答えてました。

えっと、結局そういう人たちだから好きなんだ!っていう着地点なのですが!笑

人形劇ギルドの制作のときの妥協を許さなかったエピソードとか、orbital periodレコーディングのときの納得がいくまで何時間でも同じリズムを刻み続けた秀ちゃんの話とか、そういう人たちなので。
BUMPが良いと思って発信してくれたものだから、それをそのまま受け取りたいなって気持ちがいつもあります。

BUMPの初音ミクコラボを知ったときはどう反応していいかわからなかったのですがw
でも、嫌だなとかなんで!?とかマイナスな気持ちではなく、
「実際どんなんになるの?」っていう気持ちでした。

BUMP OF CHICKEN feat. HATSUNE MIKU「ray」のMVが公開されてメンバーのインタビューを読んで、安心しました。
初音ミクが藤くんと唄った「ray」も、わたしはとても好きだと思えましたよ。



JUGEMテーマ:BUMP OF CHICKEN
|  ├BUMP OF CHICKEN | comments(0) | trackbacks(0) |
「ray」 MV


BUMP OF CHICKEN / ray

今回リリースされたアルバムタイトルにもなっているこの曲。
円筒プロジェクターを使って表現されたMVが綺麗で圧巻。
何度も観てしまいます。


公式サイトもリニューアルされました!
http://www.bumpofchicken.com/


アルバムの感想も書きたいな(*´`*)

JUGEMテーマ:BUMP OF CHICKEN
|  ├BUMP OF CHICKEN | comments(2) | trackbacks(0) |
セルジュトラヴァルのネックレス
BUMPさんのアルバム、「RAY」を聴いて、
いてもたってもいられなくなって。
きょうは朝からセルジュのネックレスをお手入れ。

そういうことじゃないと思うのですが、情熱が止まらなくなった。


アクセサリーはシルバーよりもゴールド派かな、と自分の好みに気づいたり、
そもそも最近はあまりアクセサリーを身につけないようにしていたりで、
しばらくセルジュのネックレスはしまったままだったので、
せっかくのシルバーが黒ずんでしまっていました(´-ω-`)

ネットで探した方法でメンテナンス開始*

深めのお皿にアルミホイルを敷き、シルバーを入れて重曹をまぶす。
そこに熱湯をかけたら、あら不思議!!!!
あっという間に輝きを取り戻しました!!
(ビフォー写真がない)


iPhoneImage.png
※毛むくじゃらはうちの猫です。

てっきり歯磨き粉で磨くとか、手間がものすごくかかるのかな、と思っていたのですが
簡単にキレイになってびっくりしました〜!
熱湯を注いだときの化学反応もみていて楽しいですよー。

せっかくの良いモノなのだから、大切にしたいですね。
|  ├BUMP OF CHICKEN | comments(0) | trackbacks(0) |
WILLPOLIS
自分のお金でライブ行けるようになつてから欠かさず行けていた
BUMPさんのツアーに、今回初めて全てはずれてしまいました。(´・з・`)

最初はね、いいな、なんで外れてしまったんだ、と少し落ち込んだりしました。
流れてくるTLも、斜に構えてみてしまったり。。
さみしいな、と思ってしまったり。

でも、じつはベストアルバム記念の野外ライブはちゃっかり当選したし、
最近の新曲スルーしてしまったまま聴けていなかったし、
平日でお仕事も上がれなかったし、
これが今回の正しい形だったのかも。



でも、彼らがやっぱりそこにいるんだと感じたくて、
ちょっとの残業のあと日本武道館へ行ってきました。



ツアートラック。


会場着いてまず、外にいる人の多さに驚いた。
たくさんの人が聴きたくてやってきていた。
好きなアーティストのライブで、チケット取れなかった日に会場に行ったりしたことはなかった。
だから知らなかった。
やっぱり、行きたくても行けなかった人がこんなにいたんだね。
他の人のライブもそうなのかもしれないけれど。
皆さん騒がず広がらず、とてもマナーよく見えて嬉しくなりました。

ツアー参加できなくて残念だと思っていたけれど、
こういう外の景色が見られたのはとても良かったなぁと思えたのです。

仕事だとか、抱えてる問題だとか、そういうタイミングが噛み合うときが、またくるはず。
そのときに、また。


* * *



グッズ!
Tシャツと、ワッペンと、王様キーホルダー。

王様キーホルダーは絶対ほしかったの。
CD屋でバイトしていたとき、popに描いたりしていたから。
|  ├BUMP OF CHICKEN | comments(0) | trackbacks(0) |
GOLD GLIDER TOUR 2012




2パターン加工してみたよ。


人様のうちのPS3で鑑賞しました!
恥ずかし島でのMCがなくて残念だったけれど、
彼らがその瞬間伝えようとして奏でる優しさにふれた

あいつに聴いてもらえて、よかった。


あああ、カルマの入り方本当にかっこいいなぁ。
ガラスのブルースとHAPPYが聴けて良かった。
2回行ったライブでは、2回とも聴けなかったんだ。


ちなみに隠しは見られていません><
PS3でも頑張れば見られるらしいのだけれど、
(やってはみたけれど)断念、、
あとでvaioちゃんから試すのです。




ちなみにわたしのブログにも広告が現れた記念★w

|  ├BUMP OF CHICKEN | comments(0) | trackbacks(0) |
君に会いにきたんだよ


広告打ちすぎ感は否めないけれど、
ふと目に入るところに彼らがいるとびっくりして嬉しくなる!

LIVE映像だってねぇ。
茶の間でみるもんじゃねえ、直接会いに来いよ
だった人たちがさ!(うろ覚え)


おとなになって、丸くなったのかしら。
柔らかくなったのかしら。
愛しいものや大切なものが増えたのかもしれない。

サウンドや声の優しさにふれていると、
わたしも彼らのような歳の取り方をしたいと願わずにいられない。



とにかく、初のLIVE映像発売に、
今から胸が躍ります(*・ω・*)わくわく
|  ├BUMP OF CHICKEN | comments(0) | trackbacks(0) |
7/4 GOLD GLIDER TOUR


BUMP OF CHICKEN 2012 TOUR 「GOLD GLIDER TOUR」
7/4 国立代々木競技場第一体育館


4/7の幕張メッセ公演が素晴らしすぎて
「もう一度会いたい、聴きたい」って思いで応募した代々木体育館。
当選本当に嬉しかった。。

日本をまわって帰ってきたコンサートトラック。
おかえりなさい!



1週間くらい前からこの日に向けてそわそわしてたなぁ!
お仕事終わって、トイレでスティッチTシャツに着替えて
急いで向かいました。

* * *

ライブ中の映像で、日付と時間が表示される瞬間があって。

04.07.2012

ん?あれ??? 今日って7/4よね…?


そう、海外表記だから7/4って意味なのだけれど
ちょうど幕張メッセが4/7だったから錯覚しちゃったよ!!
びっくり。兄も言ってくれたけれど、なんか運命的よね。


以下、セットリストと感想です。



続きを読む >>
|  ├BUMP OF CHICKEN | comments(0) | trackbacks(0) |